東京スタジオ:伊藤 運転免許取得に奮闘。

こんにちは。
最近とても寒いですね。皆さんはいかがお過ごしですか?

実は私、去年の10月から、ようやく普通自動車の運転免許をとるべく、奮闘しておりました。
ずっと取りたいと思っていたものの、なかなか時間が取れずにいたのですが去年やっと「今でしょ!」と思うタイミングが訪れ、すぐに教習所に入校しました。

車の運転は心がわくわくするものでした。車を操るという「感覚」を探す作業が、私の中ではとてもジャイロキネシスやバレエに似ている感覚だなあと思われ、楽しいのです。
が、教習所に通う中で面白い発見がありました。

私はどうしても、中央ラインに寄って行ってしまうのですね。すると、教官の先生に言われました。

先生「伊藤さんは中央のラインやすぐ近くを見ているからそっちへ行くのですよ。」
(私・・・「はっ!」)
先生「人間は見ている方へ行く習性があるんです。」
(私・・・「・・・いつもジャイロキネシスで言ってます。。。」)
先生「伊藤さんはどうしても線を見てしまいますから、行く先の道路の向こうを見てください。」
私「はい。。苦笑」

いつも自分のクラスで言っている事が、見事に証明されてしまいました。
クラスでは「目線を伸びやかに、伸びたい向こうを見るように」と私自身が言ってるのです・・・・。
こんなところでまさか自分が実体験をするとは驚きでした。
皆さん、伸びたい時は近くを見ずにしっかり意志を持って遠くを見てくださいね。
そうすればきっと体はそちらの方へ行きます。(と、自分にも言い聞かす私でした。)

もう一つの面白い体験がありました。
教習が進み、路上に出るようになった頃。
路上運転にいきなり放り出されて、それはもう緊張します。
リラックスしてくださいね、と言われますが、そんなの出来ません。
が、そのうち、リラックスしているふうを装う自分が出てきます←見栄です(笑)
でも、自分で気がついてしまったんです。

お尻だけはガチガチということに。
お尻を締めてるというのか、骨盤が固まっているというのか。
ですので、リラックスは装っているものの、全然緩んでない状態で、教習が終わる頃にはなんだか体も心も凝り懲り状態です。
これもいつもジャイロキネシスのクラスで言っています。「骨盤周辺は固めて締めない方が良いですよ」と。
関節の機能を失うどころではなく、心まで固まることになります。
きっと、心の緊張はお尻の緊張へ、お尻の緊張は心を緊張させるのだと実感しました。
この緊張をずっと持ち続けることは相当なストレスなはずです。
きっと普段から色んな緊張に晒されているのが私たちなので、まず骨盤おしり周りを本当に緩めてあげて、ふわーと心も体も動く楽しさを探してあげれるといいですね。

肝心な私の免許は、無事に滞りなく卒業検定も受かり、あとは試験場に行くのみとなっています。
免許が取れたら、今までいけなかった色んなところに行きたいですね。
もちろん安全運転で!
IMG_4197
追伸。
今年のお正月三日間は、兄の車で練習をして過ごしました。
ご想像通り、楽しい反面やっぱりがちがちなお尻で、お正月なのに全然心が休まらなかったです(笑)

about MMK

  • About MMK / MMKについて
  • スタッフ
  • ブログ
  • お客様の声
  • アルバム
  • トレーナー派遣

Teacher Traning

  • ジャイロトニック養成コース
  • ジャイロキネシス養成コース

Teacher Traning

Profile

元プリバレリーナ 宮内真理子

元プリバレリーナ 宮内真理子

講師
  - GYROTONIC®
  - GYROKINESIS®
  - ballet

詳細へ

Facebook & Twitter