Blog / ブログ

東京スタジオ:高田 はじめまして

4月から金曜日のクラスを担当しています高田聖羅です。
はじめてのブログになります。
よろしくお願いいたします^^

先週末、千葉の鋸山の採石場跡地で3日間の音楽フェスがあり、私は、設営スタッフ、ダンサーとして参加しました。

採石場跡地とは、戦隊ものの爆破シーンなんかに出てくるような場所です。
跡地ですし、何もないところです。
あるといえば、岩と、崖と、木と、錆びたドラム缶くらいでしょうか。

そこにまず、仮設トイレを設置するところから始めます。
お客様が崖から落ちないよう、柵を作ったりもします。
とても沢山の部材を運び込み、ステージを作り、音響機材を運び込みます。
もちろん電気なんて通っていないですから、ジェネレーターという機械も持っていき電源にします。

お客さんとして遊びに行っていた時は気にもしていませんでしたが、
野外でイベントをやるのは、本当に大変です。
でも、桃源郷のようにきらびやかな世界の裏側を覗いてみると、
ミュージシャン、映像クリエイター、照明、ダンサー、デコレーション、ペインター、
様々なアーティスト達の表現にかける熱い想いに触れることができます。

毎年5月に開催されるこのイベントに、はじめて行ったのは3年前でした。
野外イベントの過酷な裏側をあまり考えていなかった私は、
このイベントにいつか出演することを目標のひとつにしてきました。

そして今回、ようやく小さなゴールを決めることができたわけですが、
思った以上にサバイバルでした。

まず、平らな場所がほとんどありません。
さすがにステージは平らですが、楽屋なんかは荒野に板を敷き詰めているので、斜めになっていたり、がたがたしていたりします。
キャンプ上級者ならともかく、普通の人がゆっくり寝られる場所なんてありません。
それでも少しでも休めればと立てた小さなテントは、土砂降りの雨で水没してしまいました。

3日間、夜も音の止まらないイベントです。
ステージの真裏に車を停めてしまった私は、どん、どん、どん、どん、と響く低音の中、眠れませんでした。
坂の上にも下にもある4つのフロアを行ったり来たりするのですが、
足元はどろどろで歩くのも大変。足腰が痛くて痛くて大変でした!

そんな日々の合間に、私は隙あらばジャイロキネシスのムーブメントをしていました。
多少足場ががたがたしていようが、椅子が岩だろうが、BGMがトランスだろうが、かまいません。
この環境でも落ち着いて表現するには、身体を十分に整えてないともちません。
夜は寒いし、強張った身体を、緩めないといけません。
そんな時に、ジャイロキネシスが本当に効果的だったんです!
ストレッチだけじゃカバーしきれないバランス感覚回復や、テンションを保つ精神力を取り戻すためにも。

いつか、もう少しさわやかな昼間の野外イベントで、ジャイロキネシスワークショップをやりたいな、と思いました。
最近は、昼間の音楽フェスなどで、ヨガのワークショップは定番になってきている様ですので、ジャイロキネシスも絶対受け入れられるはず、と思うのです。
青空の下で、気持ちいいだろうな!!

今回の体験で得た感動、感覚を、またクラスで皆様にお伝えしていけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

seirablog2

Sayakaプロフはじめまして。

4月より木曜日のクラスを担当しています、筑井沙也佳です。

初めてのブログ投稿になります。

よろしくお願い致します。

5年前、バレエ留学中に怪我をして帰国しました。

腰痛分離症と診断を受けました。

日常生活に支障がでるほどの痛みで、寝ていても、起きていても、立ち上がる時も、ズボンを履く時も、歩く時も…

もちろんバレエを踊ることなんて出来ない状態で、私のバレエ人生はもう終わりなのだと絶望していました。

治療もいくつか受けましたがなかなか良くならず…

 

そんな時に「ジャイロキネシス」…初めて聞く響きに好奇心が湧き、真理子さんのジャイロキネシスクラスを受講することにしました。

久しぶりのワクワクドキドキ。

クラスを受けた後、なんだか分からないけど、身体が喜んでいるような、痛くて辛かった腰もなんとなく良い感じもして、これなら良くなるかもしれないと思ったのです!

そしてすぐにトレーナーを目指そうと決心しました。

 

ジャイロキネシスをするようになってから身体のいろいろな部分がメキメキと動き出し、動いているときはいつもハッピーな気持ちで、徐々に腰の痛みがなくなっていることに気がつきました!

自然とバレエも踊れるようになっていき、今では腰の痛みがゼロで、以前よりも踊ることが楽しいです!

怪我をして良かった。とジャイロキネシスに出会えた今では言えます。

私の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません。

心と身体は繋がっているといいますが、まさにその通りだと思います。

 

新しい発見と、新しい自分に出会えるジャイロキネシスを、多くの人に伝えていきたい思っています。

どうぞ宜しくお願い致します。

こんにちは!
東京スタジオの酒井です。爽やかな新緑の季節となりました。皆様いかがお過ごしですか?

IMG_9997

 実は私は、モデルとしてもお仕事をしています。10代の頃から始めて、CM、雑誌、ポスター、カタログ等、沢山の撮影をしてきました。
始めた頃は、ウォーキング、ポージング、メイク、演技、等を勉強する機会がありました。先生方や周りの方達の意識はとても高く、モデルは普段からいつでも、周りから見られている意識を忘れないようにして生活することが大切と指導を受けました。沢山のオーディションがあり、毎回緊張しながら行っていたことを思い出します。
 色々な撮影を経験してきて辿り着いた今は、毎回とても楽しくお仕事させていただいています。先日は、ストレッチの本のモデルのお仕事がありました。最近話題となってる開脚のストレッチ本です。ぜひご覧ください(^^♪

 美容関係の撮影もあるので、お肌等のコンディションを整えることは必須ですが、ジャイロキネシスは、美容にとても効果があると思います。
クライアントさんの表情を見ていると、ジャイロキネシスのクラス後は、顔色がぱっと明るくなり、目元がすっきりし、キラッと輝いています。体がほぐれると表情も柔らかくなります。呼吸をしながら全身を動かすので、体中の血流が改善してデトックスされるからではないでしょうか。
 そして、背中がすっと伸びて姿勢が良くなるので、立ち姿や歩き方も美しくなります!
 また、デコルテと肩のラインも綺麗になります。これから夏に向けて、デコルテラインも美しく見せられますね☆

 ジャイロキネシスで心も体も健康で美しくなりましょう!お待ちしております(^^)/

NOZOMI☆

732AAD27-A070-4B27-9EA3-92E80AFAA704やっと暖かくなりましたね!
東京スタジオの伊藤です。

春も桜もまだ燻っていた四月頭、私を育ててくれた吉田ひかるバレエ教室の舞台を踏むために、関西へと戻っていました。今回は先生の想いがあり、年明けから何回かお教室へ足を運び、生徒さん達に作品の振付指導を、またジャイロキネシスのクラスの時間をいただきました。

小学1年生から大人までクラシックバレエしか経験したことがない生徒さん達は、コンテンポラリーダンス、ジャイロキネシスといった真新しい世界に目をくりくり、かなり大変だったことと思います。毎回6時間にも渡るレッスン、リハーサルでしたが、全身で臆することなく吸収する姿に、私自身全く飽きることもなく指導することができましたし、こんなふうにいつの間にかあっと言う間に時間が過ぎてしまうほど楽しい環境で自分が育ったのだと、昔を振り返りながらその場におりました。

そんなお教室での初めてジャイロキネシスでしたが、毎回子供達と共に一緒に受けて下さっていた先生は私に尋ねてきました。
「さよちゃん、前から見て皆はどんな顔をしているの?私は思わず笑顔になってしまうんやけど、それでいいの?」
先生らしい質問だと感じたと同時に、それこそ私の原点だと思ったのです。

実際を、受けていた子供たちはそれぞれがとてもとても良い表情をしていました。
動く事が楽しくニコニコしてる子、奥深くも澄んで透き通るような表情をしている子、優しい笑みを噛み締めて動いている子。
無表情の子は誰一人としていませんでした。
私が指示するまでもなく、すっと踊るように表現するようにジャイロキネシスを受け入れ味わってくれました。
ここで育った私もこの生徒達も、心と体が喜び繋がる事を、この先生からいただいているのだと改めて思いました。

驚きがあれば驚く表情に、気持ちがよい時はすっと伸びる、そんな素直さが溢れた安心できる環境で育ち、またそれでいて挑戦する強さも持ち合わせる事も自然に教えてもらっていたのだと、そんな気がしました。

発表会本番、生徒達はクラシックバレエでも、初めてのコンテンポラリーダンスでも、緊張しながらも身体と心の全部で、踊る事が大好き!と、全身で表現をしていたと思います。
そんな姿を微笑ましく思いながら、この大切な”踊る心”を改めて自分の指針として、これからも多くの生徒さんやダンサーの皆さんに伝えていきたいと思いました。

私を育てて下さった先生、お教室の皆さん、大好きです。
心から感謝をしています。
そして、今回感じた事を今度は私から、MMKにいらしてくださる皆様へお伝えしていきたいと思います。

image1東京スタジオ秋満です。
桜もやっと満開になり、すっかり春めいてきましたね(*^^*)
しかしまだまだ三寒四温の季節、、皆様お身体の調子は崩されていませんでしょうか?
油断できない時期なので、体調管理には十分気をつけてまいりましょう!!

さて、先日私の地元のバレエスクールから、バレエとジャイロキネシスの講習会を依頼されまして、1日と短期間ではありますが行ってきました。
一昨年以来に訪れたスタジオには、新しい写真や、表彰状が飾られていたり、海外留学している子からの近況報告の手紙が貼っていたり、小さかった子がすっかり成長してお兄さんお姉さんになっていたり、初めましての顔ぶれが増えていたり、、
あっという間に過ぎたと思っていましたが、この2年のうちにガラッと色んな変化が起こっていて少しビックリしました!
今回のジャイロキネシスクラスは中学〜高校生のジュニアの子達や、大人の方まで幅広いメンバーで行いました。
終始和やかで、楽しそうに皆さん受けてくださいました。
身体が軽くなった、呼吸をたくさんしてスッキリしたなど、色んな感想をいただきました。
先生も、クラスを受けるのに夢中になってしまって、写真撮り忘れちゃった〜とおっしゃっていました。(笑)

最近、中学〜高校生にジャイロキネシスを教える機会が増えてきています。
ジャイロキネシスの効果は一言では言い表せないほどたくさんありますが、私はその年代の子達に一番感じてほしいことがあります。
それは、

“呼吸と一緒に身体をめいいっぱい自由に動かす楽しさ、気持ちよさ”

です。
もちろん解剖学的に細かく伝えたいことはたくさんあります。
ですが、最初は頭で操作する動きではなく、身体の本来もっている自然な感覚を思い出し、思いっきりめいいっぱい気持ちよく動ききってもらいたいのです。

バレエではポジションやターンアウト、テクニックなど、身体の色々なところを駆使し、追求し、技術を磨いていかなければなりません。
しかし、その過程でどうしても形ばかりにとらわれてしまい、自分の中に本来ある身体の伸びやかさや柔軟さ、健やかで安らぎのある素直な心などを見失いがちになります。
ジャイロキネシスは、その凝り固まった状態から一気に解放してくれます。
そして、それがそのうち、だんだん踊りの幅を広げていったり、感受性や表現性が豊かになっていったり、心に余裕が生まれたり、ダンサーとして人間として自然に成長し、スキルアップに繋がっていくようになるのです。

私自身、ジャイロキネシスに出会ってから本当に大きく変わりました。
もっと若い頃からジャイロキネシスを知っていれば、、と何度も思ったことがありますが、人それぞれタイミングは違いますし、7年前に出会ったからこそ、今こうしてダンサーとして、ジャイロキネシスを伝える側として存在できているのだと思います。
若いダンサーの卵達にとって、今私が伝えようとしていることはあまりピンとこないかもしれませんが、それが3年、5年、10年後、、、いつかどこかのタイミングで助けてくれるヒントになったり、自分の可能性を広げるきっかけになったり、変化していく原動力になればいいな、、と願っています。
そのためにも私も指導者として、もっともっと学んで日々精進していかなければ!!と改めて思いました。

ほんの少しの間でしたが、地元の温かく懐かしい空気を吸って、私自身もパワーをチャージできた講習会でした。
ありがとうございました(*^^*)

image2

 

こんにちは!東京スタジオ横田です。

 

春を目前に寒い日々が続きますが、皆さんいかがお過ごしですか?

私はジャイロトニック、ジャイロキネシスで寒さに固まる身体をほぐしています。

さて、今日は私がクライアントさんの口からたまにお聞きする言葉について書いてみようと思いました。

それは、

「この感覚を忘れないように出来たら良いな。」です。

セッションやグループクラスを通して、とっても気持ちよく伸び伸びと動けた感覚を忘れたくない。次回も同じように動きたいという気持ちから発せられた、嬉しい言葉です。
でも、実は私はいつもどうしてそんな風に思うのかが不思議で、そしていつも同じ言葉を返しています。

「大丈夫!身体は絶対に忘れていないですよ。」

私は、身体は、心は、脳は、一度体験したことを絶対に忘れないと思うんです。そして、全く同じ感覚は2度と訪れないとも思うんです。
だから、良かった時の感覚が味わえるのを楽しみにしながら、毎回それやそれ以上を求めて探求していくのが楽しくて仕方がないんです。

「New day! New horizon!」
アメリカ留学中に友人が口癖のように言っていた言葉が思い出されます。

「新しい1日、新しい無限の可能性!」

忘れないどころか、どんどん前に進んで行こうではないですか(^∇^)

春ももうすぐそこですよ!

 

FullSizeRender 2 FullSizeRender

DSC_0520

皆さん、こんにちは
東京スタジオの野本です。

3月も中旬になり、少しずつ春を感じる陽気の日もありますが、 まだ寒い日もあり寒暖の差がありますがいかがお過ごしでしょうか?

春と言えば桜の季節ですね、街中で桜のモチーフの物を沢山見かけますが、可愛くて思わず手に取ってしまいます。
先日、家の近くの桜並木に一本だけ花を咲かせている木がありました。これから、満開に咲く桜並木を見られる日がとても楽しみです。

私は、日頃小さなお子さん達にバレエを教えさせて頂く事が多いのですが、この時期になると卒園式や4月から通う学校の話、ランドセルの色の事など目をキラキラさせて色々と話してくれます。
子供達が新学期を迎える頃に、桜が綺麗に咲いているといいなぁと思っています。

この時期は、環境が変わる方も多く出会いと別れの季節でもありますね!
スタジオで沢山の方にお会い出来きる事も、とても嬉しく楽しみです。
環境が変わるこの時期に、皆さんの生活にジャイロキネシス、ジャイロトニックを取り入れてみませんか?

スタジオでお待ちしております。

こんにちは!東京スタジオの酒井です。
春の気配が感じられる毎日となりましたが、皆様いかがお過ごしですか。

 先月、お休みをいただいてハワイ旅行へ行ってきました。海を見て寛いだり、美味しい食事に、ショッピング!と楽しく過ごしました。ホテルの部屋からはイルカが泳いでいる姿が見られ、ビーチからの夕日はとても美しかったです☆

IMG_9064

 日常と離れた空間で、普段できない貴重な時間となりました。
  そして日本へ帰国すると、以前と違う心と体の感覚に…心はゆったりしていて、体も元気が内側からみなぎってくるようでした。日ごろの心と体の疲れがとれたようでした。それまでの悩み事がとても小さいものに思え、心も軽くなりました。

  最近知りましたが、疲れたときの「4つのR」というものがあるそうです。この4つのRを行っているかどうか考えながら休息をとると良いようです。
第一は、「リラクゼーション(Relaxation)」神経を休めることです。深い呼吸を行ったり、アロマやお風呂で緊張した脳をリラックスさせることが必要ですね。
第2は、「レスト(Rest)」体を休めることです。体を酷使していませんか?沢山動いて疲れた体をゆっくり休めましょう。
第3は、「レクリエーション(Recreation)」です。遊んだり、笑ったり、楽しむことで気分転換を!
第4は「リトリート(Retreat)」です。普段の生活と離れて静養すること、都会から離れて自然と触れ合うこと等心身を養生しましょう。
この4つが疲れた時の4Rだそうです。
  旅行では、このすべてが満たされていたのを発見しました。私は普段あまり出来ていないのは4つ目のリトリートです。リトリートは、遠くまで出掛けなくでも、家の近くで日常と離れてホッとできる空間へ行くことが大切なようです。
皆さまもぜひこの4つのRを実践してみて下さいね☆ 

  そしてジャイロキネシス・ジャイロトニックでには、エクササイズでありながら、リラクゼーションやマッサージされたような効果もあり、それでいて伸びをするような気持ち良いストレッチやまたリズミカルに動きを楽しみながら効率よく体を強化、というように様々な要素が含まれています。
 普段とは違う非日常の空間で、トレーナーと楽しく会話しながら、心身を休めて、4つのRを実践することが出来るのではないでしょうか。

 ぜひ、心も体も緩ませるため、mmkにお越しください!お待ちしております☆

  NOZOMI☆

imageこんにちは。
東京スタジオのクベックです。

まだまだ寒い日が続きますが 天気の良い日は気温も暖かく、桜の木に近づいてみると つぼみはパンパンに膨らんで、種類によっては咲いているものも見かけるようになりました。
春はもうすぐそこですね。
4月からの新しい環境に向けて 今からドキドキワクワクしている方も多いのではないでしょうか⁉︎

ドキドキワクワクすることと言えば…、
私にとっては やはり「ジャイロトニック、ジャイロキネシス」です。
始めてから今までの間に、度々体の悩みが解消されてきましたが、その喜びを感じられるふとした瞬間は、本当に嬉しいものです。また動きながら「あっ この感覚 今まで全然気付いていなかったな!」など 体が目覚めるような新しい発見があった時は、自分のつぼみがポンッと咲いたような気分になります。
一つのつぼみ(発見)でも 体全体が満開になったような感動に包まれます。

春咲く桜の花と違って そのつぼみはいつ咲くかタイミングが分からないですが、自分を含め私達には まだ咲いていないつぼみが沢山あると気付きドキドキし、その開花にワクワクしています。
その間にやって来る秋や冬の季節は 春を迎えるとても大切な準備期間であると思わずにはいられない今日このごろです…。
今年の桜の季節も、満開の花を見るのが楽しみです。

こんにちは。
最近とても寒いですね。皆さんはいかがお過ごしですか?

実は私、去年の10月から、ようやく普通自動車の運転免許をとるべく、奮闘しておりました。
ずっと取りたいと思っていたものの、なかなか時間が取れずにいたのですが去年やっと「今でしょ!」と思うタイミングが訪れ、すぐに教習所に入校しました。

車の運転は心がわくわくするものでした。車を操るという「感覚」を探す作業が、私の中ではとてもジャイロキネシスやバレエに似ている感覚だなあと思われ、楽しいのです。
が、教習所に通う中で面白い発見がありました。

私はどうしても、中央ラインに寄って行ってしまうのですね。すると、教官の先生に言われました。

先生「伊藤さんは中央のラインやすぐ近くを見ているからそっちへ行くのですよ。」
(私・・・「はっ!」)
先生「人間は見ている方へ行く習性があるんです。」
(私・・・「・・・いつもジャイロキネシスで言ってます。。。」)
先生「伊藤さんはどうしても線を見てしまいますから、行く先の道路の向こうを見てください。」
私「はい。。苦笑」

いつも自分のクラスで言っている事が、見事に証明されてしまいました。
クラスでは「目線を伸びやかに、伸びたい向こうを見るように」と私自身が言ってるのです・・・・。
こんなところでまさか自分が実体験をするとは驚きでした。
皆さん、伸びたい時は近くを見ずにしっかり意志を持って遠くを見てくださいね。
そうすればきっと体はそちらの方へ行きます。(と、自分にも言い聞かす私でした。)

もう一つの面白い体験がありました。
教習が進み、路上に出るようになった頃。
路上運転にいきなり放り出されて、それはもう緊張します。
リラックスしてくださいね、と言われますが、そんなの出来ません。
が、そのうち、リラックスしているふうを装う自分が出てきます←見栄です(笑)
でも、自分で気がついてしまったんです。

お尻だけはガチガチということに。
お尻を締めてるというのか、骨盤が固まっているというのか。
ですので、リラックスは装っているものの、全然緩んでない状態で、教習が終わる頃にはなんだか体も心も凝り懲り状態です。
これもいつもジャイロキネシスのクラスで言っています。「骨盤周辺は固めて締めない方が良いですよ」と。
関節の機能を失うどころではなく、心まで固まることになります。
きっと、心の緊張はお尻の緊張へ、お尻の緊張は心を緊張させるのだと実感しました。
この緊張をずっと持ち続けることは相当なストレスなはずです。
きっと普段から色んな緊張に晒されているのが私たちなので、まず骨盤おしり周りを本当に緩めてあげて、ふわーと心も体も動く楽しさを探してあげれるといいですね。

肝心な私の免許は、無事に滞りなく卒業検定も受かり、あとは試験場に行くのみとなっています。
免許が取れたら、今までいけなかった色んなところに行きたいですね。
もちろん安全運転で!
IMG_4197
追伸。
今年のお正月三日間は、兄の車で練習をして過ごしました。
ご想像通り、楽しい反面やっぱりがちがちなお尻で、お正月なのに全然心が休まらなかったです(笑)

about MMK

  • About MMK / MMKについて
  • スタッフ
  • ブログ
  • お客様の声
  • アルバム
  • トレーナー派遣

Teacher Traning

  • ジャイロトニック養成コース
  • ジャイロキネシス養成コース

Teacher Traning

Profile

元プリバレリーナ 宮内真理子

元プリバレリーナ 宮内真理子

講師
  - GYROTONIC®
  - GYROKINESIS®
  - ballet

詳細へ

Facebook & Twitter